スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブドアクリップを有害サイトと判定

トレンドマイクロが発売しているウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」が、ライブドアのソーシャルブックマークサイト「ライブドアクリップ」を有害サイトと判定して、ライブドアクリップへのアクセスをブロックしました。

ウイルスバスターは8月26日、ライブドアクリップについて、「ウイルスバスター2009によりWebサイトをブロックしました。このWebページは安全でないと判断されました。安全のため、このWebブラウザウィンドウを閉じ、このサイトに今後アクセスしないでください。」と警告しました。

8月26日午後5時の時点で再びアクセスしたところ、有害サイト警告はでませんでした。警告ページには、誤ってサイトをブロックしていることを報告するボタンがあるので、ユーザーが報告したのかもしれません。


ネットショップ・ECサイトが、誤ってウイルスバスターにブロックされた場合、そのネットショップ・ECサイトがブロックされている間の売上げが落ちるだけではなく、サイトの信用も失墜するでしょう。

仮に間違いでブロックされていたとしても、私は、クレジットカードの不正使用などが怖いので、そのようなサイトでは今後も買い物をしません。

他のウイスル対策ソフトが同様のサービスを提供しているかどうかは分かりませんが、ネットショップを運営している人は、SEOやSEMだけではなく、ウイルス対策ソフトにも気を配っておく必要があると思います。

間違いでブロックしているかもしれないのに、「このサイトに今後アクセスしないでください。」などと警告するのは、威力業務妨害か営業妨害に該当するのではないかと思います。

せめて、「このWEBサイトは危険なソースコードを含んでいる可能性があります。それでもWEBサイトを閲覧する方は『ごちら』をクリックしてください。」くらいにしておくべきだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新の記事
カテゴリー
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
関連記事
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。