スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤槇大と黒田隼平と小椋寛貴がブカプリに出演

加藤槇大と黒田隼平と小椋寛貴の3人が、2010年8月30日放送の「わらっていいとも」のイケメン部員を決定する「ブカプリ」に出場して、郁文館高校1年・鉄道研究部の小椋寛貴がベスト・オブ・ブカプリに選ばれました。


■1番・加藤槇大(かとうまお=15歳)
加藤槇大は神奈川県にある新町中学校の3年生で、陸上部にして生徒会長も務めている。勉強も陸上もできて大人気のイケメン部員です。紹介者の生徒会副会長によると、加藤槇大の性格に問題があるとのことです。

■2番・黒田隼平(くろだしゅんぺい=18歳)
黒田隼平は、東京都のICU高校3年生で、ジャズ部のイケメン部員です。天然パーマで前髪はストレートパーマをあてている。担当楽器はトロンボーン。イケメンの黒田隼平を目充てて入部する女性部員が多いとのことです。

ICU高校は、入学式や始業式などだけ制服を着る自由な高校だそうです。

■3番・小椋寛貴(おぐらひろき=15歳)
小椋寛貴は、東京都の郁文館高校1年生で、鉄道研究部の知識豊富なイケメン部員です。倒産した栗原鉄道が好き。将来の夢は都議会議員とのことです。

審査の結果、1番の加藤槇大は1票、2番の黒田隼平は1票、3番の小椋寛貴は4票を集め、小椋寛貴がベスト・オブ・ブカプリに輝きました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新の記事
カテゴリー
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
関連記事
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。