スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田県のギバサ

2010年6月18日放送の「秘密のケンミンSHOW」が、秋田県ではおかずが無いときは、「ギバサ」を食べると紹介していました。


ギバサとは、日本各地の沿岸に生息しているホンダワラ科アカモクの海藻で、秋田県でのみ昔から食用として好まれていた。

ギバサを茹でて、包丁で叩くとネバネバになる。そこに、酢と醤油を加えて混ぜ、さらにネバネバにして、ご飯にかけて食べるのが秋田県では一般的な食べ方だそうです。

ギバサは安いうえ、フコイダンなどを含んでおり、栄養も豊富だそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新の記事
カテゴリー
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
関連記事
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。