スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横山光輝の死因

漫画「三国志」の作者・横山光輝(よこやまみつてる=没69歳)の死因について調べました。

2004年4月15日に東京都豊島区千早にある横山光輝の自宅が火事になり、横山光輝は全身に火傷を負って意識不明の重体に陥る。


そして、4月15日午後10時に搬送先の日本大学医学部附属板橋病院で死亡か確認されました。

出火原因は横山光輝の寝たばこだったようです。

漫画「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人(本名:臼井義人=うすい・よしと=51歳)の変死体が、群馬県と長野県との境にある荒船山の崖の下で発見された事件に関連して、横山光輝が死んだことを知りました。

「三国志」や「項羽と劉邦」や「水滸伝」を読んでいたので、横山光輝が死んでいた事に驚きました。

それと、クレヨンしんちゃんの臼井儀人は、謎の宗教団体とトラブルがあり、宗教団体に殺されたのではないかと噂されているようです。

コメントの投稿

最新の記事
カテゴリー
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
関連記事
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。