スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頚椎離断(けいついりだん)

プロレスラー三沢光晴の死因は、頸髄離断けいずいりだん)だったようです。

ニュースでは、三沢光晴の死因は、頸髄離断と頚椎離断(けいついりだん)の2通りで報じられています。

どちらが正確なのかは分からないのですが、斎藤彰俊のバックドロップを受けて、三沢光晴の首の神経が切れて、死亡したということのようです。

ほぼ即死状態だったようですね。

テレビで、東スポに三沢光晴の遺書が掲載されていると言っていました。残念ながら遺書の内容は見逃してしまいました。

コメントの投稿

最新の記事
カテゴリー
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
関連記事
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。