スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公明党も福田内閣を見捨てる

とうとう福田政権崩壊が間近に迫っているようです。

連立与党の公明党の代表・太田昭宏が「首相のリーダーシップが不足しているとの声がある」と発言し事実上福田政権を見捨てました。

どうやら、後期高齢者医療問題ガソリン税問題で、公明党や創価学会の支持者から批判が強まっているのが原因のようです。

内閣解散の法則というのがあります。それは、内閣支持率と政党支持率を足して50%を割れば解散が近いという法則です。

内閣解散の法則や一連の騒動を見ていると、やはり5月か6月の解散の可能性が一番濃厚だと思います。

コメントの投稿

最新の記事
カテゴリー
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
関連記事
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。