スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカCMEが1万3800円を割り込む

アメリカCMEが1万3800円を割り込み、現在値で1万3715円です。
NASDAQで-1.2%、DOWで-1.6%です。為替を考慮していないのでなんとも言えないのですが、少し嫌な展開です。
終値で回復しているれる事を祈ります。

スポンサーサイト

メディアワークスとアスキーが合併

メディアワークスアスキーを吸収合併し、4月にも「アスキー・メディアワークス」が誕生することになりました。

角川グループホールディングスは傘下のメディアワークスを存続会社とし、アスキーと合併することを発表しました。

出版社「草思社」が倒産、新風舎が倒産、出版社「アスコム」(旧アスキー・コミュニケーションズ)が夜逃げと出版社の倒産系のニュースが続いているので、出版業界も業界再編されるということでしょう。

新星堂がTSUTAYAの傘下に入る

CDショップ大手の新星堂TSUTAYA傘下に入り、国内最大のCD/DVD販売チェーンが誕生しました。

TSUTAYAは新星堂は業務提携し、新星堂が発行する第三者割当増資を引き受け、筆頭株主となる予定です。

新星堂はTSUTAYAのフランチャイズに入り、大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツから支援を受けて経営再建を図るようです。

ここはTSUTAYAを運営している、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(4756)と新星堂 (7415)の株を強気で買いたい。

ドコモがこっそりとiモード使用料を値上げ

NTTドコモの24時間家族間通話無料サービスで、年間800億円の減収となるようです。
これは法人契約の企業内通話分が大きなウエイトを占めるようです。

ただ、NTTドコモiモード使用料を105円値上げするので、年間600億円の増収となり、合算すると200億円程度の損失に押さえられるようです。

ちなみにドコモはソフトバンクなど全く相手にしていないということです。

ノンバンク系の経営統合業界再編が加速

三井住友フィナンシャルグループが傘下の三井住友カード、オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークの4社を経営統合する最終調整に入ったと報じられました。

4社で上場しているのは、セントラルファイナンス(8588)、オーエムシーカード(8258)の2社です。このニュースで一時売買停止となり、公式な発表は何もないということで売買再開になり、その後ストップ高でひけました。

ノンバンク系の経営統合ということで、セントラルファイナンス(8588)、オーエムシーカード(8258)の購入はS高張り付きできないでしょうから、ここは消費者金融や銀行株を狙っていくのが良いのではないでしょうか。

2月21日に池田銀行と泉州銀行の経営統合発表されているので、銀行、ノンバク系の業界再編のニュースが次々と出てくるのではないかと思います。銀行株が上昇すれば、本格的な上昇相場が訪れるでしょう。ここは強気で買いたい場面です。

日経平均の押し目を買いたい

日経平均は約200円安の1万3823円で前場取引を終えました。
200円の反落となりましたが、1万3800円の抵抗ラインでキープしており、特に問題は無いでしょう。

仮に1万3800円を割り込んだとしても、25日線を割り込むことはないでしょう。ここは強気で押し目を買いたい。

木村拓哉の総理大臣ドラマのギャラについて

木村拓哉(キムタク)が総理大臣役のテレビドラマがフジテレビで始まります。そのドラマでに出演する木村拓哉の報酬ギャラ)は推定で1本(1話)500万円とみられています。

ドラマは13話前後なので、推定で総額7000万円前後になるようです。
これはドラマの制作費的には、木村拓哉のギャラだけで大赤字のようです。しかし、映画化やDVD化などのトータルで収益を出す予定なので、よほどの不評で無い限り、映画化まで決定しているようです。

「総理と呼ばないで」というドラマで、田村正和が滑ったので、同じ間違いはしないでしょう。

カプコンがゲームソフト「デッドライジング」で訴えられる

カプコンがアメリカの映画会社「MKR Group」に訴えられました。

カプコンのテレビゲーム「デッドライジング」は、ジョージ・A・ロメロ監督のホラー映画「ゾンビ(ドーン・オブ・ザ・デット)」の知的財産を侵害しているとしてアメリカの映画会社「MKR Group」に訴えられました。

カプコンのデッドライジングは06年8月にXbox 360で発売されたゲームソフトで、話し合いがこじれたので訴訟になったようです。

カプコンのデッドライジングは、ショッピングモールでゾンビに取り囲まれるというシチュエーションなので、ドーン・オブ・ザ・デットをパクッたと言われても仕方ない感じがします。

訴訟の結果次第ではカプコンの株価が暴落するのではないでしょうか?

日産からパジェロミニを発売

三菱自動車が日産自動車パジェロミニをOEM供給すること発表しました。
ジムニーの方が良かったとも思うのですが、軽自動車の弱い日産にとっては好材料になるでしょう。

原油高の時期に燃費の悪いSUVを投入するセンスも良く分からないのですが、株価的にはブラスに働くでしょう。ここは強気で日産自動車の株価を買いたい。

NTTドコモが家族通話24時間無料サービスを開始

NTTドコモが家族通話24時間無料サービスを4月1日から開始します。

ソフトバンク、auに追随して家族間の通話24時間無料をかいししたのですが、やはり、利益率が低下するので株価的にはマイナスでしょう。

ただ、家族間通話がそれほど大きなウエイトを占めているとは思えないので、影響は限定的でしょう。ウエイトの大きなパケット部分の値下げすればドコモの携帯電話を購入しようと思います。

NTTドコモは配当利回りが2.87%なので購入してもよいのではないかと思います。

迷惑メールの広告主に刑事罰

経済産業省が迷惑メール広告主に対して、刑事罰を新設するようです。

特定商取引法(特商法)を改正案を3月に通常国会に提出し、年内施行を目指すようです。

インターネットの広告会社は、おそらくメールでの広告を禁止する方向に動くのではないかと思います。ただ収益にはそれほど大きな影響は無いと思います。いずれにせよ、迷惑メール対策と株価を見ながら投資した方がよいでしょう。

マクドナルドのコーヒー無料のお知らせ

日本マクドナルドが4日間限定で、プレミアムローストコーヒーのSサイズを無料で1杯だけ提供しています。

マクドナルドのコーヒー無料期間は2月19日、2月26日、3月4日、3月11日の14時~24時の間です。キーワードは「プレミアムローストコーヒーください!」のようです。

詳しくは下記のページで確認してください。
http://www.mcdonalds.co.jp/pr_coffee/

全て火曜日なので「スーパーチューズデー」にかけているのでしょう。マックのハシゴをしてみるのも良いかもしれません。

カナダでBSE感染牛

カナダでBSE感染した牛が発見されました。
感染が確認されたのはカナダアルバータ州の6歳の乳牛です。カナダではBSE感染の牛は12頭目となります。

再びBSE問題に発展する可能性もあるので、牛肉関連株は避けておいた方が良いかもしれません。

出版社「アスコム」が夜逃げ?

出版社「アスコム」(旧アスキー・コミュニケーションズ)が事業を停止して夜逃げしたのではないかと報じられました。

企業が夜逃げとは・・・。このアスコムはアスキーから独立した会社のようです。アスキーと言えば、アスキーの元社員が独立した、ヘラクレスに上場している「アスキーソリューションズ」が粉飾決算疑惑で話題となっていました。

そのアスキーソリューションズへは2月21日、1957万円の課徴金納付命令が出たのです。

アリババ・ドット・コム

中国の電子商取引サイト大手の「アリババ・ドット・コム」という企業が年内に日本に進出するようです。

アリババの親会社に出資しているソフトバンクとアリババが合弁会社を設立するようです。アリババはとうやら企業間取引なので、個人に向けた通販サービスではないようです。

日本には馴染まないビジネスモデルのうえ、毒ギョーザ事件の影響もあるので、ダメなんじゃないかと思います。

楽天が毎日特売を開始

ネットショップ大手の楽天が楽天womanで「毎日特売」というサービスを開始しました。

早速、毎日特売にログインしたのですが、エラーでログイン出来ませんでした。まだ正式にサービスを開始していないのかもしれません。

マイクロソフトがHD-DVDからの撤退

アメリカのマイクロソフトが次世代DVD企画、HD-DVDからの撤退を決定しました。これに伴い家庭用ゲーム機「Xbox」の生産が中止されます。

東芝がHD-DVDから撤退したので、マイクロソフトも撤退した形になりました。これでゲーム機部門でXboxが脱らくしたので、Xbox難民をソニーのPS3側が取り込むことができれば、ゲーム業界も面白くなるのではないかと思います。

また、東芝とマイクロソフトとの関係が悪化するのかも注目したいです。

端株の買い取り

上場企業が単元株み満たない端株の買い取りを進めています。
これは株券の電子化が施行されると、上場企業は単元未満株の管理費を負担する必要があるためです。

サブプライムで損失を受けたとして銀行が銀行を提訴

サブプライムローン問題により、投資商品で損失を被ったとして、ドイツ北部の州立銀行「HSHノルトバンク」が欧州大手銀行「UBS」に損害賠償を求める訴訟をアメリカで起こすようです。

この訴訟の成り行き自体では、他行も追随する可能性があるので、注目したいです。

イーモバイルが基本料無料の音声通話サービス開始

イーモバイル基本料無料の音声通話サービス開始を発表しました。
イーモバイルはまだエリアが狭いものの、携帯電話関連株に影響を与えるのではないかと思います。
携帯電話の価格競争が激化する事が予測されるので、利益率が低迷するので携帯電話関連株の株価は低迷するのではないかと思います。

国の借金は838兆50億円、国民一人当たり856万円

財務省が2007年12月末で、国の債務残高が838兆50億円となったことを発表しました。
国民一人当たりにすると656万円の借金となります。

日経平均は三角持ち合い上放れ

日経平均は1万3800円近辺に頭を押さえれながら下値を切り上げ、三角持ち合いを形成しているので、そろそろ上か下にブレイクするのではないかと思います。

この底値の状況から下にブレイクするとは考えにくく、「三角持ち合い上放れ」の展開か期待できるでしょう。

日産が株主優待を新設

日産自動車が新しく株主優待を新設しました。冗談かと思っていたのすが本当に株主優待を行います。

日産自動車の株主優待の内容は、株主向け限定オリジナルグッツ6点のなかから1点を選択できるというものです。


  • ミニチュアカー

  • NISSAN GT-R DVD

  • Pivo2 ぬいぐるみ

  • フロントガラス用サンシェイド」&「トートバッグ

  • 横浜マリノス Jリーグ観戦親子ペアチケット

  • 環境保全活動への拠出(CO2削減活動への参加)



株主としては株主優待より1円でも配当を上げて欲しい物です。

小麦粉価格の値上げによる影響

第一生命経済研究所の試算によると、輸入小麦粉が4月から30%値上げすることによる影響は、1世帯当たり3013円の支払い増になるそうです。

また、値上げ効果により消費者物価指数を0・08%程度上昇させ、買い控えにより国内総生産(GDP)の実質成長率を0・05%押し下げるとのことです。

またパチンコ店が倒産!パチンコは冬の時代へ

近所のパチンコ店が倒産しました。かつては隣県にも名前が知られるほど有名なパチンコ店でした。ここ2~3年は客足も遠のき、店内はガラガラだったので倒産も仕方がないと思います。

これで近所のパチンコ店が3店舗倒産しました。全国的に見ても、パチンコ店の数はピーク時の3分の2に減ったそうです。

まだまだ、パチンコ業界には厳しい時代が続くと思いますので、パチンコ関連株への投資は当分見送った方が良いのではないかと思います。

インサイダー取引で儲ける

なんとNHK職員3人のインサイダー取引事件は、3人合わせて100万円以上の利益をだしているのにも関わらず、3人に対する課徴金の合計は40万円程度でした。

インサイダー取引の課徴金計算方法は、重要事実か公表された翌日の終止値と、購入した価格との差額に株価数をかけて算出されるそうです。

だから、インサイダー取引で課徴金の2~5倍の利益を上げる人が多くようです。ですから、企業が事件を公表する前に株価が上昇したり、下落したりするのはこうしたインサイダー取引によるものだと思います。

課徴金なんて単純に利益の3倍にすれば良いだけではないでしょうか?

池田銀と泉州銀の経営統合で地銀再編か

池田銀行と泉州銀行の経営統合発表されました。将来的には、大正銀行も加わるとみられています。これにより、地銀の再編が加速する傾向がでるかもしれません。銀行株は長期低迷しているので、そろそろ銀行株を購入するのも良いかもしれません。

25日移動平均線が上向く

本日の日経平均は1万3688円、前日比+377円(+2.84%)と大幅反発となりました。ただ1万3800円付近に壁があるため、この壁を突破するには至りませんでした。

25日移動平均線は上向き始めますので、25日移動平均線をサポートラインとして、1万3800円の壁を越えてくるでしょう。

日経平均大幅下落

本日の日経平均は1万3310円で前日比-447円(-3.25%)と大幅に下落しました。

前場は小幅反落にとどまっていたのですが、後場から売られズルズルと値を下げていきました。おそらくヘッジファンドのコマーシャルペーパー(CP)の延長という話しから、再び信用不安が再燃したのではないかと思います。

日経平均はわずかながら25日移動平均線を下回りましたが、25日移動平均線がサポートラインとして働くのではないかと思います。

そーせいグループが避妊薬でストップ高

そーせいグループに成り行きで買い注文を入れておきましたが、購入できませんでした。やはりストップ高銘柄を購入するのは難しいです。

緊急避妊薬SOH-075」を手がかりに、そーせいグループの株価が何処まで上昇するのかのんびりと眺めたいと思います。

最新の記事
カテゴリー
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
関連記事
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。